エンディングノートを無料でゲットお試し感覚で始めてみよう

終活

終活の第一歩は「エンディングノート」作りからといいますね。

エンディングノートとは、自分に万が一のことがあったとき家族が困らないように、大事な事や医療・葬儀についての希望、感謝の気持ちを伝えるためのノートです。

家族のため、自分が元気なうちに準備しておきたいもの。

そう判っちゃいるけど、なかなかできないものなのよね。

文具売り場には多種多様なエンディングノートが並んでいて、どれにしようか迷って結局買えずに帰ったということも。

ああ…お試し感覚で使える、無料のエンディングノートがあればいいのに。

そう思って探してみたら、無料で手に入るエンディングノートがたくさんありました。

パソコンでダウンロードしたり、スマホのアプリや、プレゼントしてくれる企業など。

私のような、エンディングノート初心者にはピッタリ。

試してみて気に入ったらそのまま使えばいいし、途中で合わないと感じたら、自分に合うノートを探す手掛かりに。

無料だから、気楽に始められます。

今回は、無料でエンディングノートをゲットする方法と、おすすめの無料エンディングノートを紹介します。

無料のエンディングノートは3種類

無料で手に入るエンディングノートは

  • PCでダウンロード
  • スマホアプリ
  • 企業のプレゼント

の3種類です。

パソコンで検索すると、エンディングノートを無料でダウンロードできるサイトがいくつもあります。

また、スマホもGoogle playやApp Storeで無料のアプリがインストールできますよ。

よく知られている本型のエンディングノートも、資料請求してくれた人にプレゼントしている会社があるので、申し込んで手に入れることが出来ます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ダウンロード版エンディングノート

パソコンでダウンロードできるエンディングノートは、

  • Wordなどを使って直接入力
  • DPFファイルを印刷して手書き

の2タイプ。

どちらも記入する項目がテンプレートになっているので、それに当てはめて記入するだけなので簡単ですよ。

直接入力するタイプは、自分の字に自信がない人や、手書きが面倒という人に向いています。

PDFを印刷して使うタイプは、書き間違えても新しく用紙を印刷して、書き直せる気楽さがあります。

では、入力するエンディングノートから見ていきましょう。

入力するエンディングノート

入力するタイプのエンディングノートはWord形式ものが多く、デザインもシンプルです。

入力しやすく、ページの増減などカスタマイズも簡単。

自分好みのエンディングノートが作れます。

また、入力した情報に変更や追加があったときの更新も楽です。

Microsoft officeのテンプレート

引用元:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=13933

URL https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/template/result.aspx?id=13933
ページ数 32ページ

Microsoft officeのテンプレートから、無料でダウンロードできるエンディングノートです。

Microsoftに限らず、Word形式のソフトであれば使用できます。

自分の事・家族などへのメッセージ・医療や葬儀についての希望・財産などの記入欄の他、遺影に使って欲しい画像を貼り付けることもできます。

一番最後のページには、家族が知りたい情報を探しやすいようにインデックスがあり、そのページにジャンプできるのがとても親切。

インデックスを表紙の次に移動せると、さらに便利。

日刊葬儀新聞社のエンディングノート

引用元:http://recordasia.co.jp/funeral/free_endingnote.php

URL http://recordasia.co.jp/funeral/free_endingnote.php
ページ数 130ページ

葬儀・霊園・仏壇・法事ポータルサイト「日刊葬儀新聞社」が提供する、無料エンディングノートです。

「フリーエンディングノートの決定版」のキャッチフレーズ通り、130ページ(表紙・裏表紙含む)にもわたる記入項目は

自分史 47ページ
メッセージ 5ページ
医療・介護 14ページ
葬儀 43ページ
財産 19ページ

と、自分史と葬儀に関するページが、全体の7割を占めています。

自分の人生を振り返り、幕引きはこうしたいという、まさに「エンディング」のためのノート。

自分史パートは、生まれてから60歳までの自分の人生の振り返りや、ライフイベントの記録、人生のバイオリズムなどバラエティに富んだ内容。

葬儀パートは、自分の葬式スタイルの細かい希望、お墓や戒名、法事の希望まで記入できます。

さすが、葬儀ポータルサイトが作ったエンディングノート。

このエンディングノートはPDF版もあります。

が、これだけのボリュームだと、手書きより直接入力の方が便利ですね。

終の流儀のエンディングノート

引用元:https://shuukatu-dp.jimdofree.com/

URL https://shuukatu-dp.jimdofree.com/
ページ数 24ページ

終活・お墓探し専門のウェブサイト「終(つい)の流儀」のエンディングノート。

Wordだけでなくエクセル、PDF版の3種類が、無料でダウンロードできます。

書式はどれも同じですので、自分のやりやすい方法で記入できます。

自分が慣れているソフトで使えるのは便利。

チェックボックスが多く記入する欄が少ないから、お試しに使うのに向いてます。

エンディングノートは印刷して保管が◎

パソコン上で入力するエンディングノートは、データのまま保管しておけるので便利です。

しかし、デメリットもあります。

  • パソコンが壊れてしまった
  • 家族がパソコンのパスワードを知らない

こんなことがあっては、せっかくのエンディングノートも意味がないものになってしまいます。

データはUSBに保存するようにし、USBの保管場所とパソコンのパスワードも、家族に知らせておきましょう。

USBも絶対壊れないとは言えないわねえ。

確かに。

出来上がったエンディングノートは印刷しておくのが一番いいですね。

  • エンディングノートとUSBを一緒に保管しておく
  • エンディングノートの分かりやすい位置に、USBの保管場所を書いておく

など、しておきましょう。

印刷して使うエンディングノート

PDFファイルを印刷して使うエンディングノートです。

こちらは、デザインがとても豊富。

表紙だけでなく、記入ページもカラーなので目にも楽しいです。

紙ベースなので下書き用にしたり、使いたいページだけを印刷してオリジナルのエンディングノートが作れます。

スマイリングエンディングノート

引用元:https://ending-note.info/contact

URL https://ending-note.info/contact
ページ数 19~62ページ

スマイリングエンディングノートは、兵庫県にある「すずき行政書士事務所」が運営している、エンディングノートのダウンロードサイトです。

表紙のイラストが可愛らしいエンディンノートが、なんと28種類

記入欄が少ないシンプルなものから、細かい解説付きのものなど、ページ数も19ページから62ページまであります。

表紙だけでなく、記入ページにもワンポイントのイラストがあるので、重苦しい内容を書くエンディングノートも、穏やかな気持ちで書けそう。

「WADACHI」のエンディングノート

引用元:http://wadachi.romgra.com/

URL http://wadachi.romgra.com/
ページ数 19~62ページ

WADACHIは、イラスト・グラフィックデザイン制作を事業内容とする「ロム・グラフィック」が運営するエンディングノート制作支援サービスです。

鮮やかな和風デザインのエンディングノートが4種類と、イラストがない下書き用がダウンロードできます。

このサイトの特徴は、ページごとにダウンロードができること。

書きたい項目を選んで印刷できるので、無駄がありません。

項目ごとにデザインを変えることもできるので、あなたオリジナルのエンディングノートが作れますよ。

エンディングノートのおすすめ製本方法

PDF版の利点は、自分好みのデザインで、書きたい項目をチョイスできること。

しかし、「ノート」にするには印刷した用紙を綴じなくてはなりません。

紙は意外とかさばるので、ホチキスでは綴じきれない場合も。

私がおすすめする製本方法は、100均などで売っているポケットファイルを利用すること。

こんな風にファイルしておけば、保管も簡単ですし、時間の経過による印刷部分の色あせも防げます。

自治体が作るエンディングノート

企業などが提供しているエンディングノートを紹介してきました。

実は、エンディングノートを無料で配布しているところが、身近にあるのです。

それは、地域の役所。

最近では、独自で作ったエンディングノートを、ホームページでダウンロードできる自治体が増えています。

ホームページ上に公開されているので、その地域に住んでいなくても誰でもダウンロードできます。

役所が作ったエンディンノートの特徴は、その地域で受けられる福祉サービスなどの紹介があること。

別の地域のサービスなんて。

と、思うでしょうが行政が行う事業はどこの地域も変わらないので、困った時の相談先の参考になりますよ。

いくつか紹介します。

東京都府中市 https://www.city.fuchu.tokyo.jp/kenko/korenokata/mirainote.html
神奈川県茅ケ崎市 https://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/otoshiyori/1022374.html
大阪府堺市南区 http://www.city.sakai.lg.jp/minami/kurashi/sogocenter/korei/haifu.html

ここに上げたのはほんの一部です。

もしかしたら、あなたがお住まいの地域の役所ホームページでも、エンディングノートがダウンロードできるかもしれません。

無料で始めるエンディングノートアプリ

 

パソコンでダウンロードできるエンディングノートがあるなら、スマホに対応したエンディングノートもあります。

無料でインストールできるエンディングノートアプリです。

スマホが壊れたりパスワードを忘れてしまったら、使えなくなるデメリットはありますが、いつも持ち歩いているスマホだから、思いついた時に書き込めるので便利です。

エンディングノート初心者には始めやすいツールといえますね。

私にも使えるかしら。

簡単に操作できますから、心配ありません。

いろいろ種類がありますが、特におすすめなのは「はいから100年ノート」

android・iPhoneどちらにも対応。

パスワード登録するだけで始められるので、気楽にお試しできます。

文字も大きくて見やすいですし、入力する項目が縦に並んだ、ユーザーに優しい設計。

銀行口座の登録は、通帳をカメラで撮って画像保存するようになっているので、口座番号の入力間違いが防げます。

また、大切な人へのメッセージを動画で残す事もできますよ。

会員登録すれば、スマホが壊れたり、機種変更しても復旧できるので安心。

ダウンロードはこちら↓

100年ノート - Google Play のアプリ
「100年ノート」は、アクティブシニアのための生活総合情報誌の『はいから』の編集部が提供しています。 『はいから』シリーズは毎月約230万の家庭にお届けしております。 「100年ノート」は、シニア向けに使いやすく開発されたスマートフォンアプリとクラウドサービスで構成されています。スマートフォンに使い慣れていないシニア...
‎100年ノート
‎「100年ノート」は、アクティブシニアのための生活総合情報誌の『はいから』の編集部が提供しています。 『はいから』シリーズは毎月約230万の家庭にお届けしております。 「100年ノート」は、シニア向けに使いやすく開発されたスマートフォンアプリとクラウドサービスで構成されています。スマートフォンに使い慣れていないシニ...

↓おすすめのアプリや活用法について、こちらの記事で詳しく紹介しています。

資料請求でエンディングノートをゲット

これまではパソコンやスマホなどで手に入れる、無料のエンディングノートを紹介してきました。

でも、やっぱり本で欲しいわ。

そうですね。

本の方が、「これから、エンディングノートを作るんだ。」て、引き締まった気持ちになれます。

エンディングノートを無料で手に入れる第3の方法。

資料請求して、プレゼントしてもらいましょう。

プレゼントしてくれるのは、葬祭会社です。

えっ、葬儀屋さん?

はい、資料と一緒にエンディングノートを贈ってくれる会社があるんですよ。

葬祭会社のパンフレットがもれなくついてきますが、(あ、会社的にはエンディングノートの方がおまけですね)内容が充実していて書きやすいエンディングノートです。

資料請求はパソコンやスマホで1分以内にすみますし、2~3営業日で届きます。

セールスの電話もかかって来ませんから、気楽に申し込めますよ。

申し込むとき、郵送を選ぶとエンディングノートがもらえます。

小さなお葬式のエンディングノート

B5サイズ、全20ページで、鳥モチーフのイラストが優しい印象のエンディングノートです。

内容はとてもシンプルです。

個人情報と、預貯金、契約関係などの備忘録が前半、家族や友人の情報、医療葬儀についてが後半にある構成。

1つの項目が1,2ページとコンパクトなので、必要最低限の記入で完成できます。

記入欄が大きいので書きやすそう。

申し込みはこちら↓

葬儀・葬式なら【小さなお葬式】公式サイト|生前準備から葬儀後まで全てサポート
《ご依頼件数No.1》葬儀・葬式のことなら【小さなお葬式】NHKで紹介された話題の葬儀社です。3つの家族葬プランを低価格でご提供。通夜や告別式の流れや費用のご相談など、ご準備から葬儀が終わった後の遺産相続、法要、納骨(永代供養・海洋散骨)、お墓の引越しまで喪主やご遺族をしっかりとサポートします。

よりそうのエンディングノート

A4サイズ、全32ページで、緑を基調にシンプルで落ち着いた印象のノートです。

サイズが大きい分、記入欄もかなり広め。

書きやすいし、見やすいレイアウトです。

自分や家族に関して記入するページが前半5割、預貯金や不動産、契約関係、医療・葬儀などのページが後半5割という構成になっていて、小さなお葬式のとは逆ですね。

申し込みはこちら↓

葬儀・葬式ならよりそうのお葬式(旧シンプルなお葬式)
よりそうのお葬式は葬儀に必要なものだけに絞ったシンプルなお葬式を日本全国で提供しています。葬儀費用は11.3万円(税抜)からご要望に合わせて火葬式、一日葬、家族葬、一般葬など、規模が小さなお葬式から通常のお葬式までご案内。さらに、お坊さんのお手配も可能です。お葬式に関わるすべてのご相談・ご質問は24時間365日無料で承...

エンディングノートに書くことは?

あらためて、エンディングノートにどんなことを書くべきなのか、確認しておきましょう。

エンディングノートに書く基本的な事項は、下の6種類です。

自分について  本籍地・血液型・生年月日・家系など
個人情報 契約しているサービス・クレジットカード・パスワードやIDなど
介護・医療 延命治療や緩和ケアなどの希望有無、常備薬・既往症など
葬儀 参列して欲しい人や規模・棺に一緒に入れて欲しいもの・遺影写真の指定など
財産・相続  銀行預金・生命保険の詳細・不動産や借金についてなど
連絡先 亡くなった際に連絡して欲しい人

こうして並べてみると、何かあった時のための覚書であることが良く分かります。

万が一の時はもちろん、備忘録にもなりますね。

でも、なにから書き始めたらいいのか悩むところ。

それを、分かりやすく整理してあるのが「エンディングノート」です。

まずは、無料のもので試してみましょう。

まとめ

無料で手に入るエンディングノートについて紹介してきました。

パソコンでダウンロードしたり、アプリを使ったり、資料請求でもらうなど、エンディングノートを無料ゲットする方法は色々ありましたね。

私は、エンディングノートは本のものしかないと思っていたので、スマホアプリや、パソコンでダウンロードできると知って驚きました。

気に入ったデザインの書きやすいページから印刷して、作ってみようかな。

エンディングノートを初めて作るのに、いきなり市販のノートを買うのはハードルが高いという時、無料のエンディングノートならお試し感覚で始められます。

エンディングノートを作ろうと考えたなら、まず、無料のノートで実践してみましょう。

エンディングノートに何を残すかは、書いていくうちに自然と決まってくるはず。

あなたらしいエンディングノートを作って下さい。

この記事を書いた人
タンサック編集部

いざというときの困ったをすべて解決して、今よりも人生を何倍も暮らしやすく応援するサイトです。
この名前になっている「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーが、あなたの今すぐにでも何とかしたい困ったを悩みを解決します。
なんて、カッコいいこと言っていますが、好奇心旺盛なメンバーが集まってスタートしたサイトです。

タンサック編集部をフォローする
終活
タンサック編集部をフォローする
いざときタンサック
タイトルとURLをコピーしました