小さなお葬式の永代供養の特徴からメリット、口コミまで追跡

終活

「永代供養」という言葉がだんだんと広がってきて、ネットでも見る機会が増えてきました。

理由は「お墓が遠方」「お墓を継ぐ人がいない」など様々な事情で、この先の供養のあり方を考えている方が増えてきているから。

その永代供養ですが、低価格な葬儀サービスが魅力な「小さなお葬式」でも取り扱っています。

とは言っても、よく分からないまま「よし、それでは永代供養をお願いします」と簡単にお願いできるものでもありませんよね。

まして自分が死んだあとのことでしたら、なおさらです。

そこで今回は、小さなお葬式で取り扱っている永代供養の特徴、利用した方の口コミをまとめてみました。

(情報は全て2020年11月現在のものです)

小さなお葬式の永代供養4つの特徴

引用:https://ohako.osohshiki.jp/yamanashi/list?service=4

「小さなお葬式」では、納骨先を探せる専用サイト「OHAKO(おはこ)」で永代供養ができるお寺や霊園を探すことができます。

納骨先・墓地・霊園探しならお墓の総合サイト │ 【OHAKO-おはこ-】
お墓・霊園・納骨先探しならOHAKO-おはこ-へ!全国の霊園・墓地情報をはじめ、お墓・納骨堂・樹木葬・永代供養・海洋散骨・自宅供養(手元供養)など様々な納骨タイプからあなたに最適な納骨先が見つかる!気になる霊園・寺院を見つけたら、資料請求・見学予約・お問合せが可能です。お電話でのご相談もお待ちしております。

さらに、小さなお葬式には独自の永代供養の定額納骨プランがあり、OHAKOでもこの「小さなお葬式プラン」を取り扱うお寺を検索することができます。

小さなお葬式の永代供養の特徴は次の4つです。

【小さなお葬式の永代供養の特徴】

  • 55,000円(税込)でできる定額プラン
  • 年1回以上の合同供養
  • 生前契約が可能
  • 遺骨が合同埋葬

それでは、特徴を1つずつ詳しく見ていきましょう。

定額で納骨後の費用負担なし

やはり一番気になるのは「永代供養の費用」ですよね。

永代供養費の目安は、約26万6千円。

供養の仕方やお墓にもよりますが、全国的にも数万円~200万円台と金額は様々のようです。

ずいぶんバラツキがあるのね

その点、小さなお葬式の定額納骨プランなら、全国どこでも55,000円で永代供養をすることができます。

これは、「納骨で金銭的な負担をかけたくない」、「お墓を管理する人がいない」などの要望から生まれた低料金の定額プラン。

さらに施設使用料、年間管理費などの維持費用が一切かからないのもポイント。

檀家になる必要もないので、遺族にとって納骨後の負担が少ないのは助かりますよね。

利用する時に気をつけなければいけない点として、「故人の遺骨を骨壺から取り出したあと、他の方の遺骨と一緒に埋葬されること」が挙げられます。

一度一緒に埋葬してしまうと、二度と取り戻すことはできません。

「一緒に埋葬するのにためらいのある方」、「今後お墓を建てる可能性のある方」は遺骨を個別に安置してくれるオプションを利用しましょう。

このオプションは年間15,000円かかりますが、永代供養をお願いしても遺骨を取り出せるのは便利なサービスですね。

年1回以上の合同供養

小さなお葬式の永代供養には、「納骨時の法要」と「毎年1回以上の合同で行われるご供養」が含まれています。

供養する日は寺院や霊園によって違いがありますが、毎日や月の決まった日、お盆やお彼岸などがあるようです。

この費用で長い期間にわたって、寺院や霊園に供養・管理してもらえるのは本当に助かりますよね。

さらにお参りも自由にできてお花やお線香を上げることもできますし、お布施を払うと命日の法要もお願いすることができます。

自分で決められる生前契約

小さなお葬式の永代供養では、身寄りがいない方や遺族に負担をかけたくない方の希望により、事前に申し込むことが可能です。

葬儀を含めての内容になりますが、

  • 喪主をお願いする方がいる人向けの「選んで安心プラン」
  • 喪主をお願いする方がいない「任せて安心プラン」

の2つがあります。

プラン(税込) 特徴
選んで安心プラン

140,000円~

喪主をお願いする方がいる人向け

  • 生前に決めた葬儀内容を、喪主をお願いする方に行ってもらいたい方向け
  • 料金や形式を5種類のプランから選べる
  • 生前契約するとお得な料金に
任せて安心プラン

248,000円~

喪主をお願いする方がいない人向け

  • 死後、葬儀や納骨を小さなお葬式に代行してもらいたい方向け
  • 料金や形式は2種類のプランから選べる
  • 小さなお葬式社指定の寺院により合祀で永代供養される
  • 指定納骨先へ郵送も可能

任せて安心プランの料金には、永代供養費と葬儀や納骨の代行費が含まれています。

永代供養費は小さなお葬式プランで55,000円、葬儀は119,000円〜、代行の費用だけでも相場は10万円以上するので、それを考えるとかなりお得な料金設定になっていますよね。

さらに、小さなお葬式に生前契約を安心して任せられる理由は他にもあります。

【生前契約を任せられる5つの理由】

  • 支払った料金は信託会社や弁護士が管理し、会社が倒産しても全額返金
  • 契約後のプラン変更や解約が可能
  • 他社で葬儀をしてしまった場合、解約手数料を引いた料金が返金
  • 契約後に証明書と生前契約カードを発行、喪主予定者と共有できる
  • 年に一度契約内容確認の連絡があるので、プランの見直しなどが可能

私は自分が死んだあと、葬儀やお墓などにあまりお金を使ってほしくありません。

それだったら生きている家族で、別のことにお金を使ってほしいです。

私と同じような考えの人も増えているので、生前契約もできるようになっているんですね。

内容がいいので、生前契約も魅力がありますね

ただし、生前契約の解約手数料として50,000円かかりますので、身内のいる方はよく話し合ってから決めましょう。

管理を任せられる合同埋葬

小さなお葬式プランでの永代供養の納骨方法は、他の方と一緒に合同供養墓に埋葬する合葬になります。

お寺や霊園が責任をもって供養してくれるので、お墓の管理を気にする必要もなく安心です。

永代供養にはこの他にも個別に安置するタイプ、さらに安置する場所も屋内・屋外といろいろな種類があります。

それぞれの特徴をこちらで解説しておりますので、詳しく知りたい方は参考にしてみてくださいね。

永代供養の流れと準備するもの

小さなお葬式の永代供養の内容がわかったところで、次は納骨までの流れを見ていきます。

    1. 永代供養先を決める
      最初に必ずOHAKOに電話をして依頼・相談をします。
      希望する寺院の資料を送ってくれたり、見学の手配もしてくれます。
    2. 契約の打ち合わせ
      寺院や霊園から納骨日や生前契約の打ち合わせの連絡があります。
      遺骨を個別安置で申し込む場合、安置期間の相談や管理料などの確認が必要です。
    3. 納骨
      納骨先へ遺骨・火葬証明書・料金を持参して納骨式を行います。
      生前契約の方は料金の持参、または振り込みとなります。
      遺骨を持参できない方向けに郵送での納骨が可能なところもあるので、確認しましょう。
    4. 永代供養
      施設により違いはありますが、毎日や月の決まった日にお経をあげてもらったり、お盆やお彼岸などに供養をしてもらえます。
【納骨までに必要なもの】
・遺骨
・戒名(法名)・名前・没年月日・年齢の控え
・埋葬許可書(火葬証明書)
・印鑑
・依頼主の本人確認証(免許証・保険証のコピーまたは住民票)
・永代供養料

納骨後は寺院や霊園で供養をしてもらえますが、「全て任せきりにしなければ」というわけでもないようです。

命日に供養をお願いすることも可能ですし、納骨後でもお参りは自由にできます。

お願いしたあとも、故人とつながっているのは大事なことですね。

小さなお葬式の永代供養の口コミ

小さなお葬式の永代供養を実際に利用してみた方の口コミを見ていきます。

はじめは悪い口コミからです。

近場に利用できるところがなくて困った。

実際に私の住んでる地域でも検索してみましたが、該当する寺院や霊園が見つかりませんでした。

お参りにも行きやすいので、できれば近隣で見つけたいですよね。

そんな時は小さなお葬式のアドバイザーに、電話で相談してみましょう。

解決に向けた良い提案やアドバイスをしてくれます。

他には、小さなお葬式で扱っている「海洋散骨」「自宅供養」を検討するのもアリですね。

続いて、良い口コミを見てみましょう。

資料請求すると、小さなお葬式プランを利用できるお寺一覧のパンフレットを送ってもらえた。
小さなお葬式の永代供養は総額55,000円で利用することが可能でした。
納骨にかかる費用と管理費・永代供養料・年間管理費などが一切かかりません。
永代供養費がとても安いのに、住職さんには親切な対応をして頂きました。

多い声は、料金にとても満足しているという点です。

最低55,000円~で永代供養ができるなんて、安すぎるので納骨後のことが心配になりますよね。

でも、預かってそのままではなく、定期的に供養もしていただけます。

こんなに安い料金設定で長い期間供養してもらえるとは、もったいなく有り難い話です。

料金に満足されてる方の気持ちがよくわかりますね。

まとめ

今回は「小さなお葬式の永代供養の特徴」、「利用した方の口コミ」をまとめてみました。

口コミでもありましたが実際にOHAKOで検索してみると、簡単に供養できる施設と費用がわかります。

昔でしたら電話で一軒一軒「永代供養ができるか?」の確認だったと思いますが、今はあっという間にネットで調べられて便利になりました。

何よりも、55,000円で永代供養ができるのは、とても大きな魅力です。

さらに、オプションをつければ遺骨を個別安置してもらえて取り出しもできるので、途中でお墓を買うことにしたとしても安心です。

この辺は、「お墓に入る本人の希望を最優先」にするのが良いでしょう。

私も家族と「近場できる永代供養」について話し合っています。

私でしたら、最初から他の人の遺骨と一緒になるのにためらいがあるので、1、2年は個別で安置したあとに合同で埋葬してほしいです。

あなたも、小さなお葬式の永代供養で負担が少なく末永く供養してもらえる施設を探してみましょう。

この記事を書いた人
タンサック編集部

いざというときの困ったをすべて解決して、今よりも人生を何倍も暮らしやすく応援するサイトです。
この名前になっている「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーが、あなたの今すぐにでも何とかしたい困ったを悩みを解決します。
なんて、カッコいいこと言っていますが、好奇心旺盛なメンバーが集まってスタートしたサイトです。

タンサック編集部をフォローする
終活
タンサック編集部をフォローする
いざときタンサック
タイトルとURLをコピーしました