楽器高く売れるドットコムのレビュー宅配買取を利用した感想

楽器買取

私は、1児の父です。

独身の頃は、友人とバンドを組んでギターを弾いていました。

でも、結婚して子供が生まれてからは、子育てに追われて、ギターはクローゼットにしまいっぱなし。

子供もまだ1歳半だし、あと数ヶ月で2人目も産まれるので、しばらくはギターを弾く余裕も無いでしょう。

これから子供にお金がかかる時期なので、思い切ってギターや周辺機材を売ることにしました。

売ると決めたからには、なるべく高く売りたい!

しかし、ネットで調べると楽器の買取業者がたくさんあって、どこが良いのかわかりません。

こうなっては仕方ない。

面倒くさがりやの私ですが、どこの買取業者が良いのか実際に査定依頼をして調べようと、重い腰を上げました。

ネット検索で、まっ先に気になったのは「楽器高く売れるドットコム」

100万人に利用されていること、WEBから参考の査定価格を教えてもらえることが魅力的に感じました。

よし、ここに頼もう。

「楽器高く売れるドットコム」に査定依頼をしてから、結果が出るまでをレビューします。

楽器を売ろう、と考え中のあなた。

この記事を、参考にしてください。

楽器高く売れるドットコムのレビュー

今回、査定依頼する楽器・機材は、

  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • エフェクター
  • アンプ

の4点です。

1点目は、今回査定で1番の有望株である、こちらのギター。

Shecter(シェクター)のProgauge Series/PS-S-STというモデルで、ストラトキャスタータイプのエレキギターです。

購入したのは2012年頃、新品で10万ちょっとだったと思います。

年数はそこそこ経っていますが、少しはいい値段になるはずだと、期待大です。

2点目は、ヤマハのFG150Fというモデルで、アコースティックギターです。

弾き語りを練習したくて、中古で1万程度のものを買いました。

3点目はエフェクター。

BOSSのCE-5というモデルになります。

エフェクターというのは、エレキギターに繋げて、音の雰囲気を変えてくれる機械のことです。

好きだったギタリストが使っていたのでマネして買いました。

中古で3000円程度だったと、記憶しています。

4点目はアンプです。

VOXのPF-10というモデルです。

初めてのギターと一緒に買った、小さめのアンプです。

以上4点を、楽器高く売れるドットコムに査定依頼します。

さっそく査定依頼

楽器高く売れるドットコムは、楽器に詳しい専門スタッフのいる買い取り業者

全国対応で、長い間演奏していない、状態の悪い楽器でも買取査定してくれます。

利用者数が100万人以上いる、というのがここを選んだ理由の1つ。

ここなら、名前通り高く売れるのではないかと期待しつつ、公式サイトへGO。

まずはWeb査定で依頼

「楽器高く売れるドットコム」の公式サイトにいくと、緑色の大きいボタンが目に付きます。

早速、これをクリックして、買取価格を調べてみることにしました。

60秒で入力完了!!

って書いてありましたが、

絶対もっとかかるだろ…。

と思い、時間を計ってみました。

1ページ目は、査定依頼する楽器の情報を入力。

2ページ目には、個人情報を入力して完了。

結果…。

2分7秒かかりました。

Webの入力って項目が多いから、いつも途中で投げ出したくなります。

が、今回のは、思っていたより簡単で(60秒で終わらなかったものの)スムーズに終わりました。

とりあえず、無料査定の依頼が完了して一段落。

メールで査定結果が来るんだろうなー。

と、のんびり待っていると、見知らぬ番号から電話がかかってきました。

その電話のヌシは、Webで査定依頼をしたばっかりの、楽器高く売れるドットコムでした。

電話対応が素晴らしかった

Web査定依頼をすると、すぐに電話がかかってきました。

少し声が高めの男性です。

こういう電話って、ゴリゴリ押してくることが多いので私は嫌いなのですが、楽器高く売れるドットコムのスタッフは、とても丁寧かつ低姿勢で、嫌な感じは全くありませんでした。

楽器買取は初めてで、何もわからず不安でしたが、丁寧な電話対応のおかげで不安はすっかり解消。

査定金額に納得できなかったら、気にせずにキャンセルしてもらって結構ですよ。

ここまでハッキリ言ってくれると気持ちがいいですね。

その後も、査定依頼後の流れを事細かく説明してくれたりと、先回りして不安を取り除いてくれるのが、とても良かったです。

楽器高く売れるドットコムの電話対応には、満点をあげたいです!!

不安が取り除かれたこともあり、そのまま査定依頼の流れに。

改めて、査定して欲しい楽器4点を、口頭で伝えました。

申し訳ございません…。

ヤマハのアコギとVOXのアンプには、お値段をお付けすることができません。

元々、中古で安かったヤマハのアコギと、入門用で安物のVOXのアンプだったので、詳しい理由も聞かずに納得。

最終的に残った2点、シェクターのギターとBOSSのエフェクターの査定を依頼しました。

楽器高く売れるドットコムの査定方法は次の3つ。

  • 出張買取(業者が自宅まで来て査定)
  • 宅配買取(楽器を送って査定)
  • 店舗買取(店に持ち込んで査定)

私の住んでいる地域は、出張買取ができない地域だったので、宅配買取を選択しました。

どうやら宅配買取の場合は、楽器を梱包するための、「梱包キット」なるものを送ってくれるそうです。

1〜2日程で到着するとのことでしたが、「自分で梱包とか面倒くさそうだな…」と思いつつ梱包キットが来るのを待つことに。

楽器の梱包をしてみる

2日後に梱包キットが届きました。

ご覧の通り、かなり大きなダンボールです。

測ってみると、横が113cm、縦が46cmでした。

1歳半の息子に見られると、間違いなく邪魔されると予想した私は、子供を寝かし付けてから梱包作業をすることにしました。

作業開始。

まずはダンボールを開いて、中身を確認してみます。

入っていたのは次の4つ。

  • 小さめのダンボール1つ(白いやつ)
  • プチプチ1畳分くらい
  • 封筒1つ
  • 穴の開いたダンボール1枚

そして、封筒の中身は

  • 買取依頼の申込書
  • 宅配買取の簡単なマニュアル
  • 梱包のマニュアル
  • 着払い伝票
  • ダンボールの中身の明細書

以上5点が入っていました。

宅配買取と梱包のマニュアルは、分かりやすい内容でした。

ですが、届いたダンボールの中にあった、穴のあいたダンボール。

これの使い方が書いてあったら、もっと良いのになと思いましたね。

ギターを、ダンボールの中で支えるための資材だということは、事前に調べてわかってはいましたが、不安になりもう1回調べ直してしまいました。

そんなこんなで、ギターの梱包を開始。

ソフトケースに入れたギターを、プチプチでグルグル巻きにしたところです。

ダンボールに入れたギターを、上からみた様子です。

エフェクターをプチプチで包んで…

隙間に突っ込んで完了!

念のため、もう一度梱包マニュアルを確認すると…


「隙間を埋める」って書いてある。

めんどくさっ!!

ガサツな私は、そっとダンボールを閉じました。(きっと大丈夫…)

これで梱包作業が終わりましたが、気をつけることが1つあります。

書類を入れ忘れないこと!

宅配買取の場合は、

  • 同梱されている買取依頼の申込書
  • 本人確認書類のコピー

が必要になります。


実際の買取依頼の申込書です。


赤枠で囲まれている箇所が、本人確認書類になります。

私は、どっちも入れ忘れて、閉じたダンボールを何回も開ける羽目になり、投げ出したくなりました。

十分に気をつけてください。

あとは、梱包した楽器を発送するだけ。

私は、意気揚々と荷物を持って出かけました。

しかし、ここに「日常」という罠が潜んでいたのです。

これを送りたいんですが。

これは…佐川急便さんの荷物ですよね。

そう、封筒の中に入っていた着払い伝票は、佐川急便のもの。

普段宅配業者を利用することがない私は、つい、いつも利用している郵便局へ持ち込んでしまったのです。

大慌てで郵便局を飛び出し、佐川急便の営業所へ。

最後にちょっとしたトラブルがあったものの、無事にギターとエフェクターを発送。

頑張った自分を、褒めたくなりました。

面倒くさがりの私が、これだけ頑張ったのだから、査定額が高いことを期待して連絡を待ちます。

査定結果には満足できたか?

査定結果のお知らせが来たのは、楽器を送ってから3日後のこと。

仕事中、午後3時ごろに携帯に着信が入りましたが、忙しくて出ることができませんでした。

折り返しの電話をかけられたのは、午後8時ごろ。

「まだやってるのかな…。」

営業時間外ではと心配しつつも、電話を鳴らして待っていると、女性の声で返事が。

良かったーっ。

ほっと胸をなでおろしながら名乗ると、すぐに査定結果を教えてくれました。

楽しみに待っていた査定の結果は、

シェクターのギター 20,000円
BOSSのエフェクター 500円

という金額でした。

20,000円〜30,000円の間くらいかなー。

と予想していたので、想定内ではありましたが、予想の最低ラインに近い結果となりました。

査定額については、満足度で言うと5点満点中、3点くらいですかね。

まとめ

今回、初めて楽器の宅配買取をやってみて、戸惑うことも多々ありましたが、梱包キットが送られてくるので、作業は簡単でした。

楽器の梱包なんて滅多にしないので、梱包キットが無かったら、かなり手間取っていたと思います。

それに、なんと言っても、電話対応がとても丁寧だったので、安心して査定依頼をすることができました。

宅配買取では、顔が見えない状態でやり取りをするので、この安心感は大事だと実感しています。

顔を合わせないと不安な場合は、出張買取もあるので利用してみてください。

出張買取のエリアは、公式サイトで確認できます。

結論として、楽器高く売れるドットコムは、とっても安心して、査定依頼ができる買取業者でした。

この記事を書いた人
タンサック編集部

いざというときの困ったをすべて解決して、今よりも人生を何倍も暮らしやすく応援するサイトです。
この名前になっている「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーが、あなたの今すぐにでも何とかしたい困ったを悩みを解決します。
なんて、カッコいいこと言っていますが、好奇心旺盛なメンバーが集まってスタートしたサイトです。

タンサック編集部をフォローする
楽器買取
タンサック編集部をフォローする
いざときタンサック
タイトルとURLをコピーしました