お風呂は簡単掃除でキレイ!ズボラが極めた手順と3つのコツ

片付け

突然ですが、あなたはキレイなお風呂は好きですか?

きっと「はい」と答えると思います。

汚い場所で身体をキレイにしても何だかスッキリしないし、癒されないですよね。

かと言って掃除は面倒くさいし、気合いを入れないとできない、って思いませんか?

そんな矛盾に入り込む汚れ達。

特にお風呂は要注意!

お風呂掃除をしないとカビや水アカだらけになり、癒やしの場所どころではなくなってしまいます。

しかも黒カビは、吸い込んでしまうと喘息やアレルギーを引き起こしてしまう恐ろしい汚れ!

そうと分かっていてもズボラで水回りの掃除はなるべくやりたくない私は、どうにかして短時間で簡単な掃除はできないか、とさまざまな洗剤や道具を使って試しました。

そしてやっと簡単に出来る方法を発見!

そこで、ズボラな私がたどり着いた簡単お風呂掃除手順と、さらにズボラになれる毎日のコツ3つをあなたにだけこっそり教えますね。

お風呂に出現する汚れは3種類

お風呂の汚れは「アルカリ性」「酸性」「」の3種類も出現するんです。

それらの汚れを落とすには、反対の性質(アルカリ性↔酸性、菌の場合は殺菌)の洗剤が効果的。

まずは3種類の汚れを見ていきましょう。

白いイヤなヤツ「水アカ石鹸カス」

性質:アルカリ性

蛇口や浴槽のフチ、椅子の横などに付いている白くてザラザラしている気持ち悪い汚れ。

この汚れは、水道水に含まれるミネラルが結晶化されたもの(=水アカ)と、その結晶に石鹸カスがついたもので出来ています。

あの憎き鏡のウロコもこの汚れ。

この白いイヤなやつはアルカリ性の汚れなので、酸性の洗剤で落としましょう。

誰しもが経験する蛇口や鏡の白いウロコ状の汚れ。

硬質化するとかなり落としにくい汚れです。

床からジワジワ「皮脂シャンプー汚れ」

性質:酸性

主に床に現れる黒ずみです。

カビの様にポツポツではなく、何となく黒ずんでるな、と思ったら原因はこの汚れ。

この黒ずみは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤で落としましょう。

身体から出る皮脂が、こびりついていった結果の汚れ。

放置し続けるとさらに蓄積していくので不衛生です。

いつのまにか現れる「赤カビ黒カビ」

性質:菌

ボトルの底に現れる「赤カビ」と、お風呂の隅からジワジワと現れる「黒カビ」の2種類にわかれます。

赤カビ:ピンク色のぬめりの事で、正式にはカビではなく「ロドトルラ」と言う酵母菌の一種。
これが現れるところにカビが発生するので、一般的に「赤カビ」と呼ばれています。
黒カビ:お風呂の隅や、目地に現れる黒いプツプツです。
1番厄介な汚れで、奥底に根を張って増えていく厄介な菌。

カビは「菌」なので掃除方法も他の汚れと違い、「殺菌」をします。

喘息やアレルギーを引き起こす要因になるので早めに対処しましょう。

では次に、これらのいや~な汚れや菌を撃退してくれる、魔法の道具達を一挙に公開しますよ~♪

この記事を書いた人
タンサック編集部

いざというときの困ったをすべて解決して、今よりも人生を何倍も暮らしやすく応援するサイトです。
この名前になっている「タンサック」という名前は、探索という意味です。
タンサック編集部メンバーが、あなたの今すぐにでも何とかしたい困ったを悩みを解決します。
なんて、カッコいいこと言っていますが、好奇心旺盛なメンバーが集まってスタートしたサイトです。

タンサック編集部をフォローする
片付け
タンサック編集部をフォローする
いざときタンサック
タイトルとURLをコピーしました